『変半身/KAWARIMI』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文 

小説の書評と感想
『変半身/KAWARIMI』村田 沙耶香 ちくま文庫 2021年11月10日第1刷

変半身 (ちくま文庫)



残酷にまわり続ける世界で生きるニンゲンたちを描く哄笑と恐怖に満ちた村田ワールド。最新文庫版、いざ降臨!青春は蹂躙され初恋は汚染され真実は歪曲されて、狂信と不信、秘史と偽史、人間と人外の境界を越えて見えるのは、原始の真相か、深層の幻視か -最高の周章狼狽を味わえ!  李琴峰 (作家・第165回芥川賞受賞)※周章狼狽:大いにあわてふためくこと。うろたえ騒ぐこと。「だって、私たちって、家畜じゃない」 (「変半身」) 「僕たちの身体には奇跡が眠っているんだ」 (「満潮」)- 若者が贄となる孤島の秘祭 「モドリ」 の驚愕の真相から恐るべき世界の秘密が明かされる 「変半身」、「潮を吹きたい」 という夫に寄り添う妻がふたりで性の変容を探求する 「満潮」、ニンゲンの宿命と可能性を追求して未知の世界を拓く村田ワールドの最新の到達点を見よ! (ちくま文庫)

目次変半身 (かわりみ) 原案=松井周 村田沙耶香満潮

「潮を噴いてみようと思うんだ」「・・・・・・・潮? 」夫が何を言っているのかわからなかった。言葉を失くした私と対照的に、夫はさっきまでもごもごしていたのが嘘のように、身を乗り出して熱心に話し始めた。「去年の年末、忘年会でそんな話を聞いたんだ。男でも噴けるという話を先輩が楽しそうに話していたんだよ。そのときはくだらなく思えたけれど、だんだんと気になってきて。自分の身体にもそんな可能性があるのかって、どうしても試してみたくなったんだ」「そんなの、専門のお店

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました