創造的思考のレッスン

書評総合
クリエイティブ思考とは
ビジネスの現場で求められる創造性「ビジネス創造力」とは、「誰も答えを知らない課題に対して、新しい解を創造する力」である。このビジネス創造力を生み出すための創造的思考が「クリエイティブ思考」である。
クリエイティブ思考は、アメリカで生まれたイノベーションを生むための思考法「デザイン思考」に加えて、日本の様々なデザイナーや編集者、プロデューサー、クリエイターが用いている思考法を包含した概念である。
クリエイターは常に、目に見える「カタチ」あるアウトプットが求められる。その背景から、特にクリエイティブ思考はアイデアにとどまらず「カタチにすることにこだわった」思考法であるとも言える。
 
クリエイティブ思考に求められる6つのプロセス
創造的思考の基盤となるクリエイティブ思考では、次の6つのプロセスごとに手法を設けている。この6つのプロセスは必ずしもこの順番に実施するものではない。
 
①観察
生活者の動きや世の中の動きなどを観察することで、まだ表出していないニーズを見出す。大体の答えは現場にある。人や現場、社会情勢をフレッシュな目で見ることによって、固定観念を超える気づきを得ることができる。
 
②発想(発散-収束-結実)
頭の中にあるアイデア、そして自分でも思いもしなかったアイデアを見出す方法。発想には3つのプロセスがある。
発散:アイデアをたくさん出す
収束:アイデアをまとめていく
結実:それらプロセスを踏まえて、結果を抽出する
 
③試作(仮説検証)
アイデアはアイデアのままではクオリティの判断が難しいため、実際

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました