『謹訳 徒然草』(祥伝社) – 著者: 林 望 – 林 望による前書き

書評総合

『謹訳 徒然草』(祥伝社)著者:林 望
Amazon |
honto |
その他の書店
なぜ『徒然草』は名著といわれるのか
『徒然草』は、高校の教科書にも必ず出ていて、どなたも少しは読んだことがおありであろうと思う。『枕草子』と並んで、随筆文学の傑作として、古今の名著とすべきものであることは当然であるが、といってやはり、なかなか全部を通読した人はそんなに多くはないかもしれない。そもそも、この書の作者、兼好法師という人は、どういう出自のどういう経歴を持った人であったか、ということについては、近年になってさまざまの新しい研究が現れ、従来言われていた伝記的なことがらが、あまり当てにならないことがわかってしまった。じつは生没年すら不明とするほかはない。万事は、これからの研究に待つというところである。ただ、そういう学問的なことを離れて、この作品は作品として、充分に楽しく読める。兼好という、ひとりの「当たり前の人間」がいて、或る時は仏の教えに深く分け入って人生の万般を考えてみたり、或る時は若き日の想い出に耽ったり、或る時は俗界のさまざまな理不尽や愚かしい人々の有様をやっつけたり、或る時は珍談奇話のようなことを苦笑裡に書き留めたり、感銘を受けたことを思い出すままに綴ったり、ほんの備忘録のようなことを簡単に書き置いたり、その渾沌たる筆の運びのなかに、兼好法師という人の複雑で正直な人間性が顕れていると見て良い。これがあまりに一つの思想なり信仰なりに凝り固まった本だと、読むのは息苦しく、読書の楽しみは損なわれることもあるが、この、良く言えば多彩で視野の広い筆の運び、悪く言えば雑多なありようは、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました