『決定版 鬼平犯科帳』(文藝春秋) – 著者: 池波 正太郎 – 森 まゆみによる書評

書評総合

『決定版 鬼平犯科帳』(文藝春秋)著者:池波 正太郎
Amazon |
honto |
その他の書店
まわし読み
私の母は昭和四年生れの浅草育ちで大の池波正太郎ファンである。池波さんの方は大正十二年の浅草聖天町生れ、株屋につとめたり、横須賀の海兵団に入ったり、戦後は都の職員と転々とした。同じ下町生れ、養女に出され、空襲で観音様のあたりを逃げまどった転々を、母は重ねてみるのだろう。手先と神経をつかう歯科医という仕事がら、寝るまえにゆったりと池波さんの時代小説を読むのが楽しみだという。「なにしろ勧善懲悪でスカッとするし、新国劇の座付作者だった人だからどことっても絵になるしね。歯医者仲間でも読んでる人多いわよ」というわけで、『仕掛人・藤枝梅安』も『剣客商売』も『鬼平犯科帳』も先に母が読んで、私のところに回ってくる頃には、ありがたいことに、谷中、根津、千駄木、上野、本郷が出てくるところに付箋が付いている。私は『鬼平犯科帳』がやっぱり面白い。小房の粂八(くめはち)とか野槌(のづち)の弥平とか雨乞いの庄右衛門とかゆかいな名前の泥棒、いや盗賊がカッコいい。「小石川の春日町に長崎屋勘兵衛という薬種問屋がある」。のっけの一行でもう物語にはまりこんでしまう。質や、蕎麦や、煎餅やという表記もいいし、白魚と湯どうふの小鍋じたてとか田螺(たにし)とわけぎのぬたで熱い酒をちびり、なんてあっさりしたものが、じつにおいしそうだ。池波さんは幻の江戸を描く。たとえば谷中の天王寺の門前にあった岡場所いろは茶屋についての資料は少ないが、「ふかい木立と寺々の甍(いらか)に埋もれた土地(ところ)の遊所だけに「一度、い

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました