『仲人の近代 見合い結婚の歴史社会学』(青弓社) – 著者: 阪井 裕一郎 – 張 競による書評

書評総合

『仲人の近代 見合い結婚の歴史社会学』(青弓社)著者:阪井 裕一郎
Amazon |
honto |
その他の書店
帰属先の変化に伴う誕生と消滅
結婚式から仲人が姿を消して久しい。いまや仲人という言葉を知らない若者も少なくない。仲人という制度の盛衰は近代史の重要な側面であるにもかかわらず、これまであまり注目されてこなかった。結婚の媒介として仲人の制度はいつ成立し、時が流れるなかで、いかに変容したのか。本書は意外な角度から近代史の風景を眺める扉を開けてくれた。仲人は古代から続いてきた日本の伝統文化だと思われがちだが、江戸時代には仲人を立てる結婚形式が武士階級に限られており、明治時代以前の村落社会では仲人だけでなく、「見合い」という慣習も行き渡っていなかった。日本は鎌倉時代から続いた「夜這い」の風習があり、結婚の仲介には「若者仲間」や「若者連」と呼ばれる青年男子の集団が大きくかかわっていた。配偶者の自由な選択という点において、近代以前の日本はむしろ世界の最先端に立っていた。近代の「文明化」の過程において、一つの逆転が起きた。地方や農漁村の婚姻慣習は野蛮な風俗とみなされ、風紀紊乱(びんらん)を取り締まるために、媒酌結婚という儒教的な道徳が規範化された。明治維新の立役者で、後に政府の中枢に入った旧藩士の価値観も影響しているだろうが、それ以上に、明治国家は家制度を統治の根幹においたからだ。家族主義という伝統の創出において、仲人の媒介による結婚は伝統的な婚姻様式として正当化された。つまり、近代以降、結婚が自由になったのではない。反対に、近代化に伴い、男女交際や配偶者選択の自由が奪われ、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました