【書評:1744冊目】世界の「頭のいい人」がやっていることを1冊にまとめてみた(中野信子)

書評総合
【いいものは、真似てみるのが成長の最短ルート!】
脳科学者・中野信子氏が、『世界の「頭のいい人」がやっていることを1冊にまとめてみた』と題して、だれでも今日から使える仕事や勉強のコツを解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
いいものを真似る。
あなたは抵抗感をお持ちですか?
 
本書は、脳科学者として世界中の「頭のいい人」をみてきた経験から、だれでも実践できる、脳を活用してパフォーマンスを向上させる31の方法を解説する一冊。
 
いいものは、どんどん真似るべきです。
真似るとは、実際に自分でやってみるということ。
 
自分でやってみるとは、自分だけの経験になります。
自分の経験は、自分だけのものです。
 
自分”だけ”のものということは、それはもう真似たものではありません。
だからこそ、いいものはどんどん真似るべきなのです。
&

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました