島崎 藤村『家』(岩波書店)、徳田 秋声『仮装人物』(岩波書店)、芥川 龍之介『大導寺信輔の半生』(岩波書店)、ほか – 鹿島 茂によるコラム

書評総合
わが読書「体系的」読書
私は、どちらかといえば「体系的」な読書をしてきたほうだと思う。もっとも、子供の頃には、家実が商家だったので、家に本と呼べるものは一冊もなかった。雑誌さえなかった。ただ新聞は、得意先の関係で、朝日、毎日、産経と三紙も取っていた。なかでも、産経新聞は子供用のページが充実していて、旧約聖書を絵解きにした漫画などが載っていたほか、あの山川惣治の『少年ケニヤ』が連載されていたから、これが私にとっての唯一の文化との接点となった。『少年ケニヤ』は単行本が出ると、せがんで全巻買い揃え、まだ字が読めなかったので、祖父に毎日読んでもらって、ほとんど完全に暗記してしまった。次に、『少年王者』や『少年タイガー』にも手を出した。とくに『少年王者』のペン画は、「少年ケニヤ』と比べてはるかにリアルな細密画で、脳裏に強烈な印象を残した。三十過ぎてフランスの挿絵本に狂いだしたのは、あるいはこの時の残像記憶があったのかもしれない。最近、家を建てるために、実家の倉庫を壊したところ、この三つの絵物語(懐かしい言葉)が、奇跡的に「発掘」された。『少年ケニヤ』の絵は思っていたほど鮮明なものではなく、多少がっかりしたが、『少年王者』第四集「豹(ひょう)の老婆編」は、少年王者牧村眞吾が水中でワニの腹をナイフで切り裂くシーンなど記憶以上の迫力で久々に堪能した。山川惣治の前書によると『少年王者』は最初に紙芝居として描いたのを『おもしろクラブ』に連載したものだそうで、おそらくそのために細部の描きこみが丁寧だったのだろう。
『少年ケニヤ 1』(KADOKAWA)著者:山川 惣治
Amazon |
hont

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました