【書評:1742冊目】僕が考える投資について(松浦弥太郎)

書評総合
【先の未来を考えて今日を行動しよう!】
エッセイスト・松浦弥太郎氏が、『僕が考える投資について』と題して、お金を増やすよりも優先すべき、もっともリターンが期待できる”生き方”としての投資術を指南する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
投資。
あなたはこの言葉をどのように定義しますか?
 
本書は、お金に対する投資よりも自分に対する投資を優先すべきだと提起し、望む未来の実現にもっとも近づくことが期待できる、”生き方”としての投資術を指南する一冊。
 
だれかに話をするとき、また、だれかの話を聴くとき。
お互いが等しく理解するためには「共通言語」が必要です。
 
「共通言語」とは、なにか。
それは、言葉を定義し、定義に沿って話をして、お互いにズレることなく認識を深めていくということです。
 
では、本書で著者が語る『投資』の定義とは。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました