金華山 登山レポート 〜 織田信長が愛した岐阜城を擁する山に馬の背登山道から初チャレンジ!!

書評総合
岐阜県岐阜市にある「金華山」(きんかざん)という山に登ってきたのでご紹介しよう。
金華山は岐阜市中心部の「岐阜公園」に隣接する山で標高は329m。
僕は登山は7〜8年前に筑波山に登って以来だが、普段からランニングや筋トレで鍛えているので楽勝だろうと思っていた。
そこで、今回は9つあるといわれる登山道、ハイキングコースのうち、一番急峻で直線距離を結ぶ「馬の背登山道」から山頂を目指すことにした。
金華山は戦国時代に織田信長が山全体を「岐阜城」にしたことでも知られている。
さっそく紹介しよう。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

金華山を馬の背登山道から登る!!
▲ 金華山の登山は、まずは丸山を目指すところからスタートする。
ちなみに頂上まではロープウェイも結んでおり、まったく体力を使わず山頂に行くこともできる。
 
▲ 岐阜公園の地図。
 
▲ 登り始めてすぐに「イノシシに注意!」の立て札が。
こんなところにまでイノシシが来ることに驚き。
 
▲ ほどなく丸山に到着。
この時点では汗もかいておらず、心拍数も110前後でまったく問題なかった。
 
▲ 烏帽子岩。
 
▲ 木の上を見上げている人がいたので見に行くと、野生のリスがいた。
 
▲ 人に慣れているようで、あまり怖がらない。
 
▲ この後地面に降りてきたが、小学生の団体がやってきてリスを見つけて大騒ぎした瞬間にダッシュで逃げてしまった。
 

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました