『航路』(早川書房) – 著者: コニー・ウィリス – 豊崎 由美による書評

書評総合

『航路』(早川書房)著者:コニー・ウィリス
Amazon |
honto |
その他の書店
心停止後に蘇生した人間の約六割が共通して訴える特異な体験、臨死体験(NDE)。暗いトンネルや光、三途の川、花畑、優しく出迎えてくれる死んだはずの家族のイメージ、というのが典型的なパターンで、なかには天使や神を見たり幽体離脱を体験したという報告をする患者も少なくない。彼らが力説するように、本当に死後の世界は存在するのか。それとも科学者が主張するとおり、臨死体験は死にゆく脳の中で起きる生化学的な反応にすぎないのか。死んだ後に何が起きるのか知るためには死ななければならない。ところが、死んでしまえばその報告はできないというジレンマ! 解明不可能なこの謎に敢然と挑んだ傑作がコニー・ウィリスの『航路』なのだ。舞台となるのはコロラド州の総合病院。認知心理学者のジョアンナは、医学的・科学的見地から臨死体験を分析するために、心停止の連絡があるたび患者のもとに駆けつけ、蘇生後の快復を待って話を聞いている。そのジョアンナと対立する立場にあるのがノンフィクション作家のマンドレイク。彼の書いた臨死体験に宗教的な意味を与える著作は、全世界で一千万部以上売れている。マンドレイクもまた第二作の取材のためにこの病院に滞在中なのだが、誘導尋問によって自説に都合のいい回答を引き出す彼の取材方法に、ジョアンナは激しく反発している。そのジョアンナに研究の協力を依頼するのが神経内科医のリチャード。脳科学の立場から臨死体験を研究している彼は、臨死体験は死に直面した脳のサバイバル・メカニズムではないかと考えている。人体には無害な薬

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました