「不条理」を介してカミュに肉薄―アントワーヌ・コンパニョン『寝るまえ5分のパスカル「パンセ」入門』(白水社)、中条省平『カミュ伝』(集英社インターナショナル)―鹿島 茂による読書日記

書評総合
『パンセ』入門、カミュと不条理
×月×日
車を運転中にフランスを心底うらやましいと思うことがある。文学・哲学好きなインテリを対象とするラジオ局がいくつかあることだ。ロラン・バルトの弟子にして友人だったコレージュ・ド・フランス教授アントワーヌ・コンパニョンは二〇一二年にこうしたラジオ局の一つ「フランス・アンテール」から『モンテーニュと過ごすひと夏』と題したヴァカンス用連続放送を依頼された。放送は好評でシリーズ化され、プルースト篇、ボードレール篇が生まれた。モンテーニュ篇は『寝るまえ5分のモンテーニュ 「エセー」入門』という邦題で翻訳されたが、今回、二〇一九年放送のパスカル篇が『寝るまえ5分のパスカル 「パンセ」入門』(広田昌義・北原ルミ訳 白水社 一九〇〇円+税)と題して同じ版元から出版された。コンパニョンはモンテーニュの専門家だけあって「モンテーニュこそ、パスカルが回心させようとする『完成された紳士(オネツトム)』の手本にほかならなかった」と正しく見抜き、『パンセ』はこうしたモンテーニュ・タイプの理神論者や無神論者を論破・説得してキリスト教に帰依させるための説得術のメモ帳にほかならないと考える。「パスカルの方法は大抵いつも同じだ。相反する二つの主張を紹介し、両方とも間違いであることを示して、両者を越える第三の主張を提案する。その際、先の二つの主張を組み合わせ、それぞれの正しい点は残し、間違っている部分を切り捨てる」。ようするにフランスの高校生がバカロレア受験でたたき込まれるディセルタシオン(課題作文)的弁証法なのだが、パスカルのそれはあまりに見事なので、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました