崎陽軒のシウマイ弁当 〜 1954年から変わらぬ 横浜名物の駅弁を新横浜駅で初購入!!

書評総合
横浜名物、「崎陽軒のシウマイ弁当」を初めて食べてみたのでご紹介しよう。
2021年11月、新横浜から名古屋まで新幹線に乗る際、新横浜駅の売店で崎陽軒のシウマイ弁当を大々的に販売していた。
今までは、新幹線は東京駅または品川駅から乗ることが多く、東京都内の駅では崎陽軒のシウマイ弁当はそれほど大展開しておらず、買おうと思ったことがなかった。
ネットでお友達がシウマイ弁当について熱く書き込みしていたりして、それなりに気にはなっていたので今回初めて買ってみた。
1954年発売以来レシピが変更されていないという歴史あるお弁当である。
早速紹介しよう。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

崎陽軒のシウマイ弁当を初購入!!
▲ 出ました、崎陽軒のシウマイ弁当。
それまで特に気にしたことがなかったが、崎陽軒ではこのシウマイ弁当以外にも数多くのお弁当を製造、販売している。
お弁当一覧はこちら。
https://kiyoken.com/products/category/obento/
個人的には「松花堂弁当 ~松茸ごはん~」や、期間限定の「開運祈願 ご利益ぎゅう牛御膳」が気になった。
また、本社工場と横浜工場で作られたシウマイ弁当と、東京工場で作られたシウマイ弁当では、包装の仕方が違う。
上の写真のように、掛け紙に紐が手で巻いてあるのは、本社工場または横浜工場製造のもの。
東京工場で作られたシウマイ弁当は、掛け紙と紐を模した「かぶせ蓋」になっているのだそう。
どうせなら本社工場で作られたものの方が、有り難み

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました