『ぼくはテクノロジーを使わずに生きることにした』 訳者解説

書評総合
多くの現代人が「あって当然」「なければ生きていけない」とみなす、そのような文明の利器をかたっぱしから手ばなし、そこに立ちあらわれる新しい――と同時に非常に古くもある――日常の風景へと読者をいざなってくれるのが、本書の著者マーク・ボイル、別名「カネなし男」です。
Source: HONZ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました