『香水―ある人殺しの物語』(文藝春秋) – 著者: パトリック・ジュースキント – 辻原 登による書評

書評総合

『香水―ある人殺しの物語』(文藝春秋)著者:パトリック・ジュースキント
Amazon |
honto |
その他の書店
においの冒険物語
もう十五年も昔のことになるが、僕は商社にいて、日本で最初に中国のマツタケを輸入する仕事にかかわった(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は1996~97年頃)。いまでは中国産マツタケは六月末頃から雲南産が出回って、珍しくもなんともないが、その頃はまだごく一部の人を除いて、中国にマツタケのあることを日本人は知らなかった。中国人自身も知らなかった。だいたい彼らはマツタケを食さない。中国マツタケは吉林省延辺地区と雲南省で採れる。これを日本への輸入ルートに乗せるまでの苦労といったら……。珍談、奇談は山ほどあるが、ここでひとつだけ披露すると、マツタケのにおいの化学式、俗にいう亀の甲は我々の雪隠(せつちん)のにおいとたった一ヵ所違うだけ。僕は上海や北京の飛行場の貨物倉庫でいったい何千キロのマツタケを腐らせてしまったことか。そのにおいがまた強烈。北京の夏の公衆便所を束ねて凝縮したようなもので、あまりの悪臭のために僕は公安にしょっぴかれ、さんざんお灸をすえられた。嘘だと思うなら、ためしに五、六本腐らせてごらんなさい(そんなもったいないことをする人はいないか)。さて、においがテーマの小説のきわめつきは、一九八五年にチューリッヒで出て、たちまちドイツ、フランス、スペインでベストセラーになったパトリック・ジュースキントの『香水』だろう。日本では一九八八年に池内紀の訳で出た。異常に発達した嗅覚の持ち主、ジャン・バティスト・グ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました