アイデアは図で考えろ!

書評総合
良いアイデアを出す上で「図を描く」ことが欠かせない
必要な情報を把握し、アイデアを生み出し、「まだ世にない新しい価値」を考えるのが、クリエイティブ思考である。「アイデアはセンスがある人しか出せないものだ」というのは間違いだ。アイデアの9割以上は「セオリーのインプット」と「ロジカルなアウトプット」によって生まれる。それは決して「思いつき」や「たまたま当たった」ということではない。
 
アイデアには大きく3つのポイントがある。
①ターゲットは決まっているか
「ターゲット」設定はビジネスをする上では欠かせないので、決まっている場合が多い。
②他にない新しい視点か
その商品の強みやコンセプト、さらに他社の過去事例からどんな視点で事業開発すれば良いかなど考える。
③心が動くか
ビジネスにおけるアイデアは9割がロジックだが、残り1割は「感動」だ。心が動くことでその商品やサービスを受け入れる。
 
これら②と③は、図を使って考えることでよりアイデアが出やすくなる。
確かに関連キーワードを広げるという意味では、単語などを文字で書き出すこと自体は正しい。但し、そこから関連性やアイデアを膨らませていく作業は、図で描くのが最も有効だ。頭の中で考えたことを具現化するには「描く」という行為は必須条件だろう。
図を描く時には、できれば紙に描く方がいい。その方がより全体の構造を理解しやすくなるからである。
 
アイデアを結果に変える8つの図のパターン
①成長型(切り株型):アイデアの全体図を把握する
単発の面白いアイデアが生まれても、なかなか実現しないのは、ビジネスにつなげるま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました