『変容の象徴―精神分裂病の前駆症状〈上〉』(筑摩書房) – 著者: C・G・ユング – 吉本 隆明による書評

書評総合

『変容の象徴―精神分裂病の前駆症状〈上〉』(筑摩書房)著者:C・G・ユング
Amazon |
honto |
その他の書店
この本は、ユングの学説が、フロイトの心理学の胎内で育ちながら、これから分娩による分割を受けて独自の存在の姿を現わそうとしている胎動を示す、記念碑的な本だとおもう。その意味でフロイトの思考方法とユング独自の思考方法とが、混沌とした団塊から交替で貌をのぞかせる。興味ぶかい心理学上のドラマの本だといえる。もしここに豊富に引例されているキリスト教やキリスト教以前のヨーロッパの神話、伝説、土俗信仰などのすこしわずらわしすぎる解釈、文学(詩)作品や図版の分析と解釈といった豊富な証拠がためなどが本の中心を拡散させる印象を与えなかったら、心理学の分野にとどまらずに、普遍的古典としてのこるものだったにちがいない。それほどこの本にばらまかれている言語、神話、伝承、美術、文学にたいするユングの洞察と、底を流れて見えかくれするフロイト=ユング合作の心理学の解釈の体系は魅力的である。ユングはまず「意識」と並行の関係がある言語から独自な発生説をくりひろげる。言語は、はじめはきれいな水をみつけた、熊を殺した、嵐が近づくぞ、狼が小屋のまわりをうろついてるぞ、などと仲間に呼びかける「声」からはじまった。これは二つに分類すれば「感情表出の音声(恐怖など)」と「模倣の音声(水や嵐や獣のうなり声)」とに分かれるが、これこそが言語の起源にあるもので、どんな抽象的な哲学体系の言語でも、この自然界のもの音や声をできるだけ緻密に組合せて再現しようとする原衝動をかくしている。これが無意識やその奥にひそ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました