『集団就職の時代―高度成長のにない手たち』(青木書店) – 著者: 加瀬 和俊 – 竹内 洋による書評

書評総合

『集団就職の時代―高度成長のにない手たち』(青木書店)著者:加瀬 和俊
Amazon |
honto |
その他の書店
高度成長を支えた人々
『集団就職の時代』を読む
いまから五十年ほど前、わたしは北国の小さな町の中学一年生だった。三月終わりに中学三年生の女子数人に呼び出された。明日、就職で東京に旅立つ仲間(女子)の見送りにいこうというもの。唐突だからと断ると、口調は一転して命令じみてきた。上級生とはいえ、女子の「脅迫」にまけてなるものかと意地になって、ことわった。しばらくたって、小包が届いた。東京に就職した彼女からである。わたしのぶんも勉強してくださいとあって、参考書と人生雑誌、それに彼女の東京での写真が同封されていた。そんなことが数回つづいた。しかし女子から手紙などもらったことのないわたしは、狼狽し、にべもない手紙をそえ、小包をそっくり送り返した。当時の高校進学率は五〇%程度(全国平均)だったから、この彼女がそうであるように、中学卒で都会に就職する人がかなりいた。中卒就職者のための上野行き特別列車が用意され、集団就職といわれた。加瀬和俊『集団就職の時代――高度成長のにない手たち』(青木書店、一九九七年)は、一九五五年の十~十四歳人口をもとにその十年後(二十~二十四歳)の地域別人口を計算している。東京や大阪では二倍近くに膨らみ、東北や九州では半減している。いかに多くの若者が地方から都会に移動したかがわかる。もちろんこの中には、短大や四年制大学に進学するために都会に移動した者もいるが、中卒で都会に就職した者も多い。日本の高度成長が大企業の力というよりも、下請けの零細企業の懸

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました