「霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない」綾里けいし ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは綾里けいしさんの「霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない」です!ストーリー A内容は、かみさまという存在を崇め奉り利用することで生きる藤咲という家。そんな家に生まれかみさま候補として育てられながらも、神様になれなかった藤花は従者である藤咲朔と共に猟奇事件を調査する霊能探偵として活動していた。かみさまになれなかった藤花はその異能を使い、猟奇事件の裏に隠された秘密に触れていくが…とこんな感じです!〜少女が見つめるのは死〜綾里けいしさんの新作!あとがきによると綾里さんのデビュー作である「B.A.D」を本歌取りしつつ新しいお話を構築しているとのことで、結構気になっている方も多いのではないでしょうか。ちなみに僕はそちらは未読です…閑話休題。現代日本を舞台にオカルティックというより伝奇的な雰囲気が漂う作品として楽しく読ませていただきました!面白かったです!お話の構成としては連作短編形式で物語が進んでいきます。幕間で藤花と朔の出会いや過去が描かれ、各章で奇妙な事件を解決する2人が描かれます。奇妙で、しかしどこか美しい事件に翻弄される業深い人々とそれを暴く藤花。そしてそのサポートをする朔。人の死に、存在しない霊的な存在に、異能に魅せられた人々が起こす事件の動機や結末はじわじわと効いてくるような不思議な読後感があります。とはいえ常に奇妙な事件に触れているわけではなく、藤花たちの楽しげな日常も描かれます。かみさまになれず本家を追い出され、朔のアパートで一緒に暮らすニートな藤花。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました