「じつは義妹でした。 ~最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ~」白井ムク 富士見ファンタジア文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは白井ムクさんの「じつは義妹でした。 ~最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ~」です!ストーリー A内容は、親の再婚で高校2年生にして義理の弟ができた真嶋涼太。義弟の晶は美少年だけど人見知りでなかなか真嶋家に馴染めずにいた。しかし涼太が積極的に絡みにいったことで意気投合して距離も急接近!しかしあることをきっかけに晶が義弟ではなく義妹だと発覚!晶の可愛さにドキドキするようになった涼太に、晶はさらに距離を近づけてきて…とこんな感じです!〜義妹との距離が近い〜白井ムクさんの新作!デビュー作の「俺がピエロでなにが悪い!」が面白かったので新作楽しみにしていました!今作はYouTube発の作品で「カノンの恋愛漫画」さんで動画投稿されているものが原作的ポジションですね。ちょっとかなり鈍感な涼太と晶の距離感が絶妙な義妹ラブコメでした!面白かったです!親の再婚をきっかけに義弟として晶がやってきた!というところから物語は始まります。序盤はテンポ良く2人のちょっとした出会いから人見知りな晶との関係を丁寧に描いていましたね。そして始まる同居生活!義弟ができたと思い込んで男同士の感覚で距離を縮めていく涼太と、そんな彼にドキドキとびっくりが止まらない晶。ゲームをしたり買い物にいったり…そんな日常の一コマ一コマの積み重ねが2人の距離を確実に縮めていく様子は見ていて楽しかったです!しかし!ある事件をきっかけに晶が義弟ではなく義妹だということが発覚します。これは涼太が悪いですねw 今まで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました