【書評:1735冊目】地政学入門(佐藤優)

書評総合
【今こそ、地政学の封印を解け!】
元外務省主任分析官・佐藤優氏が、『地政学入門』と題して、いまと未来を読み解き、世界を動かす「見えざる力の法則」である”地政学”のエッセンスを講義形式で解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
地政学。
あなたはどんなイメージをお持ちですか?
 
本書は、地政学の重要性を示す出来事が世界中で頻発していると提起し、世界を動かす「見えざる力の法則」といえる”地政学”のエッセンスを講義形式で解説する一冊。
 
日本における地政学は、「政」が強調されすぎている。
本来、地政学は「地」、つまり”地理”であると説きます。
 
なぜ、日本ではそうなってしまったのか。
ここを紐解きながら、地政学の本質を歴史とともに解説していきます。
 
地政学の影響は世界中におよびます。
当然ながら、わたし達も意識無意識に関わらず

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました