『雪屋のロッスさん』(新潮社) – 著者: いしい しんじ – 高樹 のぶ子による書評

書評総合

『雪屋のロッスさん』(新潮社)著者:いしい しんじ
Amazon |
honto |
その他の書店
夢の鈴をチリリと鳴らす身近な神さま
川端康成の『掌の小説』に似た長さの、非リアリズム小説が三十篇。どれもやわやわとして明るい。ありえないことばかり起きるのに、人ごととは思えない身近さがある。登場する人物や出来事は、淡い色に縁どられ、重力を感じさせずにいつまでも記憶の中に漂っている。その漂い方もまた、ひっそりとして穏やかなのは、時空を越えて世界中どこにでも移動できそうな物語が、昔読んだ西洋の童話に似ているからだろうか。「大工さんの大半は宇宙人です――」で始まる原稿用紙に二枚ばかりの作品は、ひと筆描きで神さまを書けばこんなふうになるのか。大工たちは宇宙人だが、地球をのっとるとか電波で支配するとか、そういう悪い連中ではない。ただ家を建てている。とんかんとんかん、と釘をうつ音は、遠い母星への通信文になっていて、元気だ、とか、孫ができた、とか温泉へいった、とかふつうのことを母星に伝えているのだそうだ。彼らはいのちを失うとき、次元を破ってあっちへ行くらしい。棟梁が吐息をついて話すには、彼の弟が梁の上で弁当を食べていたときカラスにまとわりつかれて、道具箱を落しそうになった。その家の前をランドセルを背負った女の子が歩いていて、かなづちやかんなが真上からふってくる。弟は迷わず落下しかける道具類にとびついた。彼は「ぐにゃりとした、なんだかわからないものに姿を変え、空中に舞い散る大工道具をさっとつかみました」女の子はきょとんと真上をみあげているが、そこに弟の姿はない。道具ごと次元を越えたのだ。棟梁

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました