「護衛のメソッド ―最大標的の少女と頂点の暗殺者― 1」小林湖底 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは小林湖底さんの「護衛のメソッド ―最大標的の少女と頂点の暗殺者― 1」です!ストーリー A内容は、元裏世界最強の暗殺者である相原道真は平和な学園生活を送ることを夢見て克礼館学院に入学する。しかし入学早々道真の過去を知る学園の管理者から裏世界で最も狙われる人物<最大標的>こと久世灯里の護衛を依頼される。ちょうど拉致されたという灯里を助けるために道真は体育館に向かう。灯里を救出した実績も買われ、道真は灯里を守る護衛チームに加入することになるが…とこんな感じです!〜最強の暗殺者と死にたがりの少女〜小林湖底さんの新作!「少女願うに、この世界は破壊すべき」 「ひきこまり姫の悶々」は既読(どちらも1巻のみですが…)今作は現代+異能バトルな学園ものとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!裏世界で最強の暗殺者と呼ばれる月影こと相原道真。そんな彼は普通の青春、学園生活に憧れて克礼館学院に入学することに。しかし入学早々学院の管理者から裏世界で最も狙われる灯里の護衛を依頼されます。序盤はコミカルに話がトントンとテンポよく進んでいくのですっと物語に入ることができましたね!そして早速拉致された灯里を助けるために道真は体育館に。道真の強さは本当に凄まじかったですね…そして始まる灯里の護衛の日々。ちょっとかなり抜けている道真は灯里に色々文句を言われならがも彼女の身の回りに起こる危機に対応していきます!一緒に灯里を守る護衛チームの高辻翠花、牧田胡鈴、乙坂美咲の3名もそれぞれ異能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました