うさぎのハンニバルのおやすみなさいの本

絵本の書評と感想

JUGEMテーマ:かわいい絵本が好きなのだ

 



 

「うさぎのハンニバルのおやすみなさいの本(Hannibals Gutenachtgeschichte)」。
うさぎの家族のお話で、「うさぎのハンニバル一家」シリーズになっているようです。

ハンニバルはこの家族のお父さんの名前。

最近、ハンニバル一家にはこまったことがありました。
夜、子どもたちが なかなか寝ついてくれないのです。
 



 

ある夜は、窓の外におばけが見えるー!と大さわぎ。
おばけは洗たくものだったことが判明するのですが、その後も毎日、子どもたちは夜おそくまで寝つきません。

 

昼間いっぱい遊ばせたりするのですが、効果なし。
なかなかいいアイデアが思いつきません。

ふと、自分が子供だったときのことを思い出しました。

 



 

寝つけないときは、お母さんが本を読んでくれたなあ、と。

そこで、ハンニバルも同じようにしてあげることにしました。

 




効果のほどは、みんな、ぐっすり。

子供部屋のハンモックがかわいいですね。

子供たちを寝かしつけるのって、お父さん お母さんにとっては苦労のタネ。
夜、寝る前に本を読んであげることを習慣にしている家庭も多いと思いますが、本ってふしぎ。

 

寝る前のテレビやスマホはよけい目がさえたりしますが、本は読んでいるうちに自然とねむくな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました