『Humankind 希望の歴史 上下』ルトガー・ブレグマン

ビジネス書の書評と感想
希望の歴史、人類が善き未来をつくるための18章ということで、人間の善性について書かれています。
性善説か性悪説かという話がありますが、本書では、人間の善性について書かれています。
『Humankind 希望の歴史 上下』ルトガー・ブレグマン
『Humankind 希望の歴史』のここに注目・言葉・名言
ほとんどの人は、本質的にかなり善良だ
オキシトシン
オキシトシンは、普遍的な友情の燃料ではなく、身内びいきの源
ミルグラムの実験に対抗できた人
ミルグラムの実験
共感は?
共感で、世界の他の部分が見えなくなる
マネジメントをしないマネジャー
マネジメントよりも
取り入れたいと思ったこと
あわせて読みたい


『Humankind 希望の歴史 上下』ルトガー・ブレグマン
おすすめ度
おすすめしたい方
今日の読書「ビジネス書をチカラに!」


 
『Humankind 希望の歴史 上下』ルトガー・ブレグマン

Humankind 希望の歴史 上 人類が善き未来をつくるための18章 (文春e-book)
作者:ルトガー・ブレグマン
文藝春秋

Amazon

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました