『よるはおやすみ』(福音館書店) – 著者: はっとり さちえ – はっとり さちえによる自著解説

書評総合

『よるはおやすみ』(福音館書店)著者:はっとり さちえ
Amazon |
honto |
その他の書店
『よるはおやすみ』は、美しい色彩と細かい描写、そして子どもたちの表情が魅力的な作品を手掛ける、画家・はっとりさちえさんによる絵本。2018年に月刊絵本「こどものとも」として刊行された作品が、今回ハードカバーになりました。子どものころから、「おやすみ」という言葉の持つ親密さに、どこか気恥ずかしさを感じていたというはっとりさん。絵本の中の子どもたちとも重なる、お子さんとの心温まるエピソードを語っていただきました。 
あの頃の私はもういないはっとりさちえ
「みんなに『おやすみなさい』を言いに行く話」この作品を端的に説明すればこんな感じになっちゃうのだが、幼い頃の私は「おやすみ」に対して特別な重みを感じていた。なぜなら「おやすみ」は、誰にでも言えるものじゃないから。夜眠る前にそばにいる人なんて、家族や恋人だったり…自分にとって特別な存在の人だけ。特別な存在にだけ言える、特別な言葉。なんだか「大好きだよ、愛してるよ」の意味が込められているみたい、と幼心にずっとそう思っていたのだ。だから、なんだか気恥ずかしくて、なかなか「おやすみ」を言えないまま、大人になった。 この作品の作者ではあるが、描きながら「この子達はすごいなあ」と感心した。めちゃくちゃ「大好き、愛してる」って叫びながら駆け抜けているようなものじゃないか。身近なものから未だ見知らぬ世界まで、この子達は大好きで、大事なんだなあ。思いがけずどんどん先へ行ってしまうので、私にできることは「どうやっ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました