男の子のいる家庭の不思議 今日はセルフレジの日

小説の書評と感想
アメトピだったかな?オギャコさん(アメブロトップブロガー)の記事で、 男の子の入ったお風呂は白くなる湯船の底に泥がたまっているお湯からドブの臭いがする という記述を見てゾーっとしたのですが、コメ欄を見たら「うちもうちも!」の嵐で、え?男の子のいる家庭あるあるネタなの?普通なの?と仰天しました。 (お風呂が白く…?入浴剤…?と思ったら汚れですって!ぎゃー!!)    人生で男の子が家庭にいたという経験がないので、ダンスィーの生態はわたしにとってずっと謎に包まれています。(少女漫画と少年漫画で少年のイメージが作られているリアリティーのない男子観)   男子っていうのは赤ちゃんの頃からオッサンのニオイがするらしいですね。 アンビリーバボー!   動きが激しくて力が強いから壁に穴が空くとか、傘がすぐに破壊されるとか、靴や靴下が瞬時に泥まみれになるとか……伝え聞くのみですが、半信半疑の気持ちが拭えません。  女の子だとたいていの物はサイズアウトするから捨てるけど、壊れて捨てるってあんまりないですよね?  男子の荒々しさや女子には無い頼もしさや優しさや可愛いらしさのエピソードを見聞きすると、おそろしいような憧れのような、つかみどころのない気持ちになります。  男の子の兄弟もなく、小中高と男子と親しくもなれず、結婚しても男子を生み育てる機会に恵まれず……  わたしにとって男子

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました