『アデュ〜 ポルノの帝王久保新二の愛と涙と大爆笑: エッチ重ねて50年!!』(ポット出版) – 著者: 久保新二 – 柳下 毅一郎による書評

書評総合

『アデュ〜 ポルノの帝王久保新二の愛と涙と大爆笑: エッチ重ねて50年!!』(ポット出版)著者:久保新二
Amazon |
honto |
その他の書店
出演作850本! ピンク映画界の大ベテランが語る正しいピンク映画史
久保新二が拾い集めたのは「正史」からこぼれおちた、いかがわしく、妙ちきりんな話
アデュ~ ポルノの帝王久保新二の愛と涙と大爆笑 エッチ重ねて50年!!なんという素晴らしいタイトル。これだけでレビュウを終えてしまいたくなるほどに完璧なタイトルである。これこそ日本最大のポルノ男優による50年のセックスと涙と笑いの記録だ。久保新二は1966年、若松孝二の『血は太陽より赤い』でピンク映画デビュー(1951年生まれなので15歳のとき……)して以来、出演作850本を数えるポルノ界の大ベテランである。2013年「未亡人下宿」シリーズに出ていた堺勝朗の訃報を聞いた久保新二は、たこ八郎、野上正義をはじめ、シリーズのおもだった役者陣がみなあの世に行ってしまったことを知る。その死を受けて開いた「名優たちを偲ぶ会」で滝田洋二郎からぽつりと「久保チン、ピンクの歴史を残しといてよ、久保チンしか語れないんだから」と言われ、久保新二はこの本を書くことにしたのだという。「ポルノの帝王」の名は伊達ではない。ピンク修行の最初期、向井寛監督の作品に出たときのことだ。「明朝は7時集合だ、寝る時間がない、習志野まで帰って電車内で寝てしまったらどうしようか、とか悩んでた時、向井監督が(一星)ケミを呼び、俺達の前で『明日は2人の濡れ場があるからな、大事なシーンだから今夜はラブ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました