「地球は「行動の星」だから動かないと何も始まらないんだよ」斎藤一人

ビジネス書の書評と感想


【私の評価】★★★★★(97点)

要約と感想レビュー
 私が車の中でオーディオブックとして聞いている一冊です。100回くらいは聞いていると思います。大富豪である斎藤一人さんが伝えたいのは、とにかく「行動」すること。家を買いたいなら「毎日300円貯める」でもいいから、とにかく今の自分がやれることをやるのです。

 そうやって「家を買う」という目標に向かって一歩を踏み出すと、不思議なことに目標を達成するために「こっちのほうが安い」とか「仕事を頑張ろう」とか色々なアイデアが出てくるのです。

・大切なのは、夢に対して具体的にできることから始めること(p12)

 そして成功する秘訣は、目標を細かく分割することです。例えば1億円貯めるのが目標なら100万円を100個集めればいい。10万円を1000個でもいいのです。そして10万円を稼ぐのに、命をかけます。10万円稼ぐのに、そこまでやった人はいない、と言われるくらいにやってみる。

 そうして10万円を稼げたとしたら、その成功は自分の自信になるのでそれを繰り返すのです。小さい目標に対して、圧倒的な大きな努力をすることで成功を積み重ねる。これが大成功を引き寄せるのです。

・できなかったことができるようになる体験を積み重ねる(p20)

 行動してみると、最初は何でもうまくいかないのです。それは失敗なのではなくて、正しくないということを学んだ、ということです。だから行動してみて、ダメなら 改良してみる。違うことをやってみる。そうやって工夫しているうちに、ある時、急に突き抜ける。これが成功のパターンなのです。

 だ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました