「隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった3」雪仁 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは雪仁さんの「隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった3」です!⚠︎ネタバレありです前巻の記事↓
ストーリー A内容は、花火大会デートでユイへの恋心を自覚した夏臣。ユイも同じ気持ちながらも奥手な2人はなかなか気持ちを伝えられずにいた。季節は夏。2人はユイがくじ引きで当てた温泉旅行に行くことに。果たして2人はお隣さん同士の心地よい関係を続けるのか、それとも一歩先に進むのか…とこんな感じです!〜ユイと2人で温泉旅行〜シリーズ第3弾!コミカライズ、4巻も決まって順調に人気になっているシリーズですね!今回は一区切り!夏臣とユイの関係に変化が訪れるいい夏物語でした!面白かったです!まず序盤。2人の焦ったい姿が描かれます。夏臣は気持ちを自覚しているのにユイを大切にしたい気持ちが強く、ユイは夏臣が大好きで仕方ないのに一歩が踏み出せない。そんな2人のやりとりがめっちゃ尊いですね!慶と湊2人の友人キャラとしての立ち回りも完璧でしたね!そして季節は夏!4人は海へ!ユイの水着姿は眩しかったですね…水着イベントってどっちかというとえっちな感じになりがちなんですけど、ユイはとてつもない清楚さがありましたね…そしていよいよ2人で温泉旅行へ!初心な2人のやりとりは見ているだけで楽しいですね!一緒に温泉に入る…わけにはいかないのでばらばらですが…2人の距離感で旅行を楽しんでいるのが伝わってきます。そして2人の関係に変化が。なかなかロマンチックなシチュエーションですね…青春し

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました