ブスの本懐 カレー沢薫

小説の書評と感想
ブスの本懐Amazon(アマゾン)1〜4,374円    ブスの本懐カレー沢薫 あらすじ 「ブス」は個性なのか? 個性的な顔が「ブス」なのか?そんな言われて嬉しくない言葉に正面から向き合い、毒を以って毒を制す華麗なる「ブス使い」、それが「ブスに厳しいブス」ことカレー沢薫。漫画のみならず、鋭い切り口でコラムも大人気のカレー沢薫による渾身のブスコラムをここに解き放つ!!分け入っても分け入ってもブスの山。ブスを見つめる先には見えるものは何か? <目次>「美人は3日で飽きるがブスは3日で慣れる」はブスが考えた言葉 諦めていないブスにとって、4月はまたとないビッグチャンス ブスはブスであること以外、何も続かない 「ブスだけどモテる」と言われている女は5億%ブスではない ワーキングブスの顔には「女の武器無使用」と書いてある ウィキペディアにも載ってない「選ばれしドブス様」にふさわしい女子力 ブスは恋をすることにより、余計「動かざること山の如し」と化す(面構えも武田信玄) イケてないブスにとってクラスの男子は近くにあって最も遠い存在。まだ二次元の方が近い すっぴんで口ひげが生えている女は春の到来を告げるブス 「職業=ブス」は「職業=SASUKE」ぐらいカッコいい 遊びでブスをやっている女はいない。100%真面目にブスなのだ セックスに全く縁のなかったブスが一気にヤリマン、ヤリブスになってしまうことも珍しくはない&n

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました