【書評:1727冊目】できる30代は、「これ」しかやらない(松本利明)

書評総合
【30代はキャリアの分岐点】
HRストラテジー代表・松本利明氏が、『できる30代は、「これ」しかやらない』と題して、自分らしく活躍するキャリアのために役立つ、速くラクに市場価値を高める方法を解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
30代の働き方。
どんなイメージをもっていますか?
 
本書は、『30代は結果を出してナンボの世界』だと提起し、速く効率的に成果を出していくためにすべきことを解説する一冊。
 
自分が費やす「労力」と「コスト」。
これに対して、どれだけの「成果」が得られるのか。
 
30代は、この点にどこまで拘るかが勝負である。
まさに”人生の分岐点”となる時期なのだと、著者は力説します。
 
拘らずに仕事をする→「永遠の作業員」
拘り続けて仕事をする→「自分らしく活躍する人」
 
30代の歩み方次第で、続く

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました