3月のライオン16巻感想

小説の書評と感想
なんで太らないんだー!!いつもいつも美味しそうな(絶対に高カロリーな)ものをたらふく食べてるのにぃいい〜(ギリギリ:歯ぎしり) 年末年始の暴飲暴食無礼講祭りはわかるよ!でも、結果がともなうじゃない?1月の顔の浮腫みやら肌荒れやら!くっそう2次元の女子めぇー!  『3月のライオン』を読むと食欲が湧いてしかたがなくなる現象、困りものですね。 食べ物にしか目がいかないってわけじゃないんですけどね。 とりあえず‘便利炒め’は真似するよね。 材料はありもので、だけど。豚汁作るときに炒めた具材を取り分けて保存するって素敵! 野菜を切って保存。野菜を茹でて保存。肉を小分けにして保存。……あたりはやってたけど、野菜炒めを保存は盲点だった〜!! ココアは(もうすぐ冬だけど)真似しないぞ!バターをちょっぴり加えるとか悪魔の所業か。オレンジの香り漂うとかさ!そんなん絶対ヤバいやつ……手を出したらダメ、絶対。   16巻はシンドい描写が少なくてほっこり。 零ちゃんが学校生活の欠けたピースを埋めることが出来て良かった。ひなたちゃんとの交際も順調で(やることやってるのね!ひなたちゃんがどんどん縮んでいくからそっちの方はおあずけかと思ってたー)良かった。将棋にも…昏い目でなくて、キラキラと向き合えて良かった。(そこに気づいてくれる二階堂!マジ心の友) 基本的にずーっと零ちゃんが幸せそうで、ひなたちゃんも幸せそうで、良かったなあと思うよ。 川本家の狭小住宅問題もなんとかな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました