【書評:1723冊目】食料危機(井出留美)

書評総合
【日本はまだ本当の食料危機を知らない】
食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美氏が、『食料危機』と題して、食料に対する危機意識のなさこそが”食料危機”だと警鐘を鳴らし、今知るべき食料危機の姿を解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
目の前にある賞味期限が切れた食品。
あなただったら、どうしますか?
 
本書は、日本人は食料危機について知らなさすぎると警鐘を鳴らし、膨大な情報の分析と研究者へのインタビューを示しながら、今知るべき”食料危機”の姿を解説する一冊。
 
冒頭の質問、いかがでしょうか。
「捨てる」「廃棄する」という選択が真っ先に浮かんだ方は、必ず読んでください。
 
著者は、食料危機について、日本人には3つの足り”ない”があると憂います。
①食料確保に対する危機意識が足りない
②生き物の命から生まれた食に対する敬意が足りない
③死ぬ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました