夜更かし宝塚歌劇団星組公演『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』

小説の書評と感想
たまに夜中に出会う宝塚歌劇番組。 BSでやってるんだけど、チェックはしてない。してないけどたまに出会う。 もう寝よっかなって思いながらチャンネルかちゃかちゃ変えて(チャンネル変えてもかちゃかちゃいわんけどな。かちゃかちゃって未だにウチのテレビはダイヤル式かっつーの)、ヅカの独特の画面から照射されるパワー強めの絵ヂカラに手が止まる。 「あー ヅカやってる…」 つい、ちょっとだけ見てしまう。 見はじめると、もうちょっとだけ…キリがいいところまで…… と、見続けてしまう。 時刻は深夜1時…2時……朝起きれなくなっちゃうよ〜ホントにもう寝ないと! 途中で視聴を切り上げて眠りにつくことができることもあれば、もう少しが重なって最後まで見てしまうこともある。 昨夜は、『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』(お芝居)は最後まで見てしまった。だって気になるんだもーん!  盲目のお姫さまはどうなるの?え?主人公は王の末裔なのー!? お姫さま役の人演技うますぎん?最初登場した瞬間から盲目だってわかった。目、開いてるのに。閉じてないのに。踊りもうっま!   『Ray -星の光線-』(歌って踊るショウ)は3個目の霊だっけ、そこまで見て撤退。さすがに眠すぎる。 たまに偶然見るだけだけど、ヅカ、面白い。 で、偶然見たときに過去の放送内容を見て崩れおちる……   先週「はいからさんが通る」やってたのー!!?

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました