『虫娘』(小学館) – 著者: 荒野, 井上 – 角田 光代による書評

書評総合

『虫娘』(小学館)著者:荒野, 井上
Amazon |
honto |
その他の書店
死の真相に潜む日常の狂気
舞台は、東京・中目黒にある瀟洒な洋館。シェアハウスとして使われているこの家には、五人の住人が住んでいる。冒頭で、住人のひとり、樅木(もみのき)照(ひかる)が死ぬ。けれど語り手は照である。照の意識は今なおあって、体は自由に、どこへでも飛んでいける。照、シェアハウスの残された四人の住人たち、それからこの家担当の不動産屋の男。それぞれに視点を移しながら、小説は進行していく。やがて、この家に住む人たちがたんなる店子(たなこ)同士という関係ではないこと、照の死には不自然な点があることが、わかってくる。このシェアハウスに住んでいるのは、一癖ある人ばかりだ。死んだ照の職業はヌードモデル、不自由が大嫌いで、生きているときも、死んだように生きていた。ほかには三十代半ばのフリーライターであるみゆき、イタリア料理のシェフ竜二、五十代の売れない俳優真人、二十代後半の銀行員葉子。接点のない住人たちなのに、よく集まっては竜二の作る料理を食べ、みゆきの作るハーブティーを飲んでいる。仲がいいとはけっして言えないが、けれど仲が悪いとも言えない彼らの、いびつな関係が、照の死によってゆっくりとあぶり出されてくる。感触として、それは非常に気味の悪いものなのに、なぜか色合いとして、かなしみが広がる。小説のなかに描き出される飲みものや料理や、季節によって色を変える木々や使い慣れたテーブルが、どんどん、かなしみの色を帯びてくる。どういうわけだか、このシェアハウスに集った人たちは、生きるとはなんであるのかという

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました