【書評:1722冊目】観察力の鍛え方(佐渡島庸平)

書評総合
【観察力とはすべての能力の源である】
コルク代表・佐渡島庸平氏が、『観察力の鍛え方』と題して、観察とは何かを自問自答しながら、問い→仮説→観察のサイクルを回すことで”観察力”を鍛える方法を思索する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
観察する力。
自信ありますか?
 
本書は、観察力を鍛えると必然的に他の能力も鍛えられると提起し、問い→仮説→観察のサイクルを回すことで”観察力”を鍛える方法を思索する一冊。
 
アウトプットの質を良くするには、インプットの質を良くするしかありません。
では、インプットの質を良くするにはどうすればいいか。
 
それこそが、本書のテーマである「観察力」です。
いいものを創り出すためには観察力が大事だと、著者はいいます。
 
では、観察力とはどういう力でどう鍛えることで身につくのか。
明確な答えがほしいところ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました