【書評:1721冊目】「自分」を殺すな、武器にしろ(瀬戸和信)

書評総合
【だから、あなたは才能に気づく必要がある】
ギャラップ認定ストレングスコーチ・瀬戸和信氏が、『「自分」を殺すな、武器にしろ』と題して、自らの才能に気づき、武器へと磨き上げていく方法を解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
自分の才能。
「これです!」とすぐに伝えられますか?
 
本書は、約9割の日本人は「自分の才能」を知らないと提起し、自分の才能に気づく意義から才能の見つけ方、武器へと磨き上げる方法までを丁寧に解説する一冊。
 
才能とは、言い換えれば、自分です。
つまり、才能を知らないとは自分を知らないとイコールなのです。
 
これって、想像するととても恐ろしいことですよね。
自分を知らずに生きているわけですから・・・。
 
この”恐怖感”を感じられたことが一番の収穫です。
と同時に、『「自分」を殺すな、武器にしろ』とい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました