『蹴りたい背中』(河出書房新社) – 著者: 綿矢 りさ – 豊崎 由美による書評

書評総合

『蹴りたい背中』(河出書房新社)著者:綿矢 りさ
Amazon |
honto |
その他の書店
青臭い。なのに、独善的じゃない。描かれているのは高校生の世界。なのに、ハイティーンだけでなく、それこそリストラ世代の胸にも届く言葉に溢れている。綿矢りさの長篇第二作目にあたる『蹴りたい背中』は、“一七歳の女子高生が書いた”という話題だけが先行しがちだったデビュー作『インストール』よりはるかに普遍性の高い、この若い作家の明るい末来を予告するファンファーレのごとき晴れやかな小説なのだ。主人公は高校一年生のハツ。友達は中学生時代から一緒の絹代ただ一人なのだけれど、その彼女も新しい友人グループを作ってしまい、ハツはクラスで浮いた存在になっている。ある日、もう一人のクラスの余り者、にな川に家に来ないかと誘われる。にな川はハツが中学生の頃偶然に出会ったモデルのオリチャンの大ファンで、彼女の情報を集めていたのだった。「どうしてそんなに薄まりたがるんだろう。同じ溶液に浸(つ)かってぐったり安心して、他人と飽和することは、そんなに心地よいもんなんだろうか」。独りきりで過ごす休み時間や昼寝タイムの居心地の悪さをつらいと感じても、ハツはだからといって無理に仲間を作りたいとも思わない。練習をさぼることばかり考えている陸上部の、仲良しクラブのようにぬるい雰囲気にも馴染むことができない。でも、中学時代にはそうしたグループの一員だったこともあるハツは「人のいる笑い声ばかりの向こう岸も、またそれはそれで息苦しい」のを知っている。笑いたくなくても笑って、他の人に調子を合わせなくてはならな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました