【書評:1720冊目】短いは正義(田口まこ)

書評総合
【文章は60−20−1で制す!】
コピーライター・田口まこ氏が、『短いは正義』と題して、文章をラクに書く一番の方法は”短く書く”ことだと提起し、短く書けるようになるために役立つプロの文章術を指南する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
文章を短く書く。
あなたは実践できていますか?
 
本書は、文章は短く書くほど「相手に伝わる」と説き、30年に及ぶコピーライター歴で培った「短く書く技術」を指南する一冊。
 
文章は、相手に伝わらなければ意味がありません。
したがって、「短く書く技術」は誰もが身につけるべきものなのです。
 
では、どうすれば短く書けるようになるのか。
意識すべきことは、たった3つです。
 
(1)一文60文字以内にする
(2)タイトル・見出しは20文字以内にする
(3)一文1メッセージにする
 
この「60−

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました