石崎秀夫『機長のかばん』(講談社)、杉山隆男『兵士に聞け』(新潮社)、鍬本實敏『警視庁刑事』(講談社文庫)、上野正彦『死体は生きている』(角川書店) – 岸本 葉子によるコラム

書評総合
仕事あれこれ
関西空港から日本の航空会社によるデリーへの初のフライトに乗ったときのこと。ロビーでは、デリー線就航を祝うセレモニーが行われた。地元のテレビ局のカメラが何台も回る中、司会の女性の張りのある声が響き、ネクタイのお歴々が挨拶を述べて、くす玉が割られ、紙吹雪が華やかに舞った。乗客には、記念品のアラーム時計とボールペンとが配られた。シートベルトを確認し、スチュワーデスも席につくと、飛行機は徐々に加速し、滑走路がどんどん後ろへ。そろそろ離陸か、と思ったとき、車なら「キキーッ!」とハデな音を上げそうな急ブレーキがかかり、前につんのめった。シートベルトが腹にくい込み、やがて元に。飛行機が止まったのだ。「何、何?」「これって、もしかして事故?」「のはずないわよね、だって、アタシたちぴんしゃんしてるんだもの」乗客の間にどよめきが起こる。「ただ今、機体に不調がみつかりましたので、離陸を中止いたしました」キャプテンからのアナウンス。点検が長引きそうなので、いったん降り、大阪市内のホテルに入ることになる。ロビーに出てきた客の中には、テレビクルーから、「どうしたんですか?」とマイクを向けられ、取材されている人もいた。そりゃ、聞きたくもなるだろう。今さっき見送ったばかりの客が、ぞろぞろと戻ってきたのだから。あてがわれたホテルの部屋で、ぼうっとニュースを見ていたら、「初のデリー線、離陸中止」の文字が。滑走路で停止するところが映り、ロビーで私のとなりにいたおじさんが、「いやー、急に、ブレーキがかかって」などと答えている。こうなると、テレビクルーが来ていたのも、航空会社としてはアダになったな。空に飛

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました