iPhone 12 Pro MAXの「システムデータ」が肥大化して容量を圧迫していたので初期化したらデータ量が半分になった

書評総合
愛用しているiPhone 12 Pro MAXのストレージの空き容量が少なくなっていた。
確認すると、容量を圧迫しているのは「システムデータ」が大半なのだが、何のデータなのかが分からない。
あちこちを検索すると、このシステムデータは、キャッシュや中間ファイルなど、本来不要なデータのようだ。
不要なデータをため込んで容量が圧迫されるのは無意味だ。
そこで、時間があった昨日の夜にiPhone 12 Pro MAX初期化して、バックアップデータから復元することにした。
以前はMacに接続してバックアップをとっていたが、去年からiCloudバックアップに変更した。
iCloudバックアップからの復元は初めてだったが、Macに接続しての復元よりも時間も早くスムーズだった。
早速紹介しよう。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

iPhone 12 Pro MAXのストレージ容量が「システムデータ」に圧迫されている
▲ iPhone 12 Pro MAX のストレージの空きが20GBを切っていた。
データの大半がグレーの「システムデータ」となっている。
検索して確認したところ、このシステムデータは重要なファイルではなく、キャッシュや中間ファイルなど、いわば「ゴミ」データとのこと。
システムデータを選んで削除することができないそうなので、一旦iPhoneを初期化して、iCloudバックアップから

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました