【書評:1718冊目】仕事は1冊のノートで10倍差がつく(鈴木進介)

書評総合
【書くことで思考は可視化される】
思考の整理家・鈴木進介氏が、『仕事は1冊のノートで10倍差がつく』と題して、ノートを使いこなせるかで仕事の効率は何倍も変わると提起し、武器としてのノート術を指南する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
ノート。
うまく使いこなせていますか?
 
本書は、ノートに書き出すことで得られる効果をシーン別/テーマ別に示しながら、仕事や人生を加速させる武器となるノート術を指南する一冊。
 
ノートとは、○○を書き留めておくもの。
この○○に、なんの抵抗もなく「情報」を入れて読んだ方は、本書を読む必要があるかもしれません。
 
ノートに書き留めるのは、脳内つまり思考です。
頭の中を書き出して、整理し、考えるための”作業場”こそが、ノートの役割なのです。
 
もちろん、情報も書き留めます。
ただ、情報に触れたとき、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました