16時間の半日断食(リーンゲインズ)とファスティング 10ヶ月の途中経過 〜 停滞を感じ改善を行なう

書評総合
16時間の半日断食(リーンゲインズ)と毎月1回のファスティングの途中経過を報告します。
こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーとして活動する立花岳志です。
僕は「120歳まで現役で元気いっぱいに活動する」ためのボディメイク・健康管理を行なっています。
その一環として、毎日16時間の空腹時間を作る半日断食(リーンゲインズ)と、毎月3日間の断食(ファスティング)を行なっています。
身体に大きな影響を与える食生活の変更なので、体調・心理面などの変化と、実践していることの途中経過を報告しています。
この形になって10ヶ月が経過したので、振り返ってみます。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

僕が行なっているファスティングとリーンゲインズの基本形
僕が行なっている3日間のファスティングの基本形はこちら。
3日間のプチ・ファスティング 初挑戦を終えての感想・成果・課題・次回に向けての改善点 まとめ
僕が継続しているリーンゲインズの基本形はこちら。
僕がリーンゲインズ(16時間の半日断食)を始めた理由と期待する効果
停滞を感じ改善を行なう 〜 2021年10月27日 スタート10ヶ月の状況
前回の途中経過から3ヶ月が経過した。
リーンゲインズを導入して10ヶ月経ったが、 最近停滞感を感じていた。
具体的にいうと、 日に日に食が細くなっていくのだが、体重は変わらない。
筋トレの回数と負荷を多くしているのだが、体脂肪率は下がらず、むしろジワジワと上がっている。
リーンゲインズは 減量を目的

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました