『燃えるスカートの少女』(KADOKAWA) – 著者: エイミー・ベンダー – 豊崎 由美による書評

書評総合

『燃えるスカートの少女』(KADOKAWA)著者:エイミー・ベンダー
Amazon |
honto |
その他の書店
エイミー・ベンダーの処女短篇集『燃えるスカートの少女』に収められた十六篇、そのどれもが、のっけから読み手のハートを鷲づかみにするストレートな文章から始まっている。たとえば、巻頭に置かれた「思い出す人」ならこんな具合に。〈私の恋人が逆進化している。誰にも話していない。どうしてそんなことになったのかわからないが、ある日まで彼は私の恋人だったのに、その次の日には猿になっていた。それから一か月がたち、いまは海亀〉!? 意表を突き、驚きとともに物語の中に引きずり込む。まさに“つかみはOK”というべき出だしなのだ。人間だった彼を見かけた最後の日、〈彼は世界はさびしいと思っていた〉。賢くなりすぎて、脳は大きくなるばかりだけど、〈考えがひしめきあって心が十分にないとき、世界は干上がり死んでしまう〉、そう話していたのだ。〈一日あたり百万年を脱ぎ捨て〉逆進化することで、考えることを少しずつやめていく彼――、ただそれだけのお話。なのに、どうしてだろう。サンショウウオになって海に泳ぎ出していく彼、それを両腕を振って見送る語り手の姿が、くっきりと網膜に焼きついて、そのイメージが幾度も脳裏によぎるのは。“世界のさびしさ”が、じわじわと心に浸透してくるのを感じるのは。戦争で唇を無くした夫を持つ女性の深い喪失感を描いた「溝への忘れもの」。妊娠した母親から死んだはずの祖母が生まれてくる「マジパン」。父を亡くした日、図書館の小部屋で〈男のおちんち

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました