Macで音声入力を行う方法とやってみた感想(Big Sur編)

書評総合
Macで音声入力を行う方法を解説します。OSはBig Sur(11.6)を使っています。
以前から音声入力に興味があったのですが、ネットで「音声入力 Mac」で検索すると、「あまり実用的でない」、「変換精度が悪い」などの、よくない評判が並んでいました。
それらの記事は2017〜2018年頃のものが多かったので、2021年には改善されているのではないかと期待しつつ、実際に試してみることにしました。
僕が使っているMacは 2018年に購入した27インチiMacです。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Macの音声入力には専用のソフトもマイクも何も入らなかった
音声入力を試す前にネットで検索をして、いくつかの記事を読んで情報を集めてみた。
驚いたことに、最新OSだとMacの音声入力は精度がかなり高い上、専用のアプリケーションも外付けのマイクも必要ないとのこと。
半信半疑のまま、自分が使っている27インチiMacを使って音声入力の設定をしてみることにした。
システム環境設定からキーボードを選び音声入力をオンにする
▲ 音声入力を行うようにするための手順は極めてシンプル。
システム環境設定から「キーボード」を選択する。
▲ 「キーボード」から「音声入力タブ」を選び、音声入力をオンにするだけ。
以上。
これによりコントロールキーを2回押すと、音声入力ができるような状態になるできる状態にな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました