「お兄ちゃんとの本気の恋なんて誰にもバレちゃダメだよね?」保住圭 GA文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは保住圭さんの「お兄ちゃんとの本気の恋なんて誰にもバレちゃダメだよね?」です!ストーリー A内容は、高校一年生の由真千晴は妹のちまりに兄妹でありながら本気の恋愛感情を抱いていた。そんな自分を変えるべく、高校入学を気に一人暮らしをはじめてちまりと距離をとる千晴。しかし1ヶ月後、ちまりが千晴の元に押しかけてくる。なんとちまりも千晴に恋愛感情を抱いていたことが発覚し2人は付き合うことに。血の繋がる禁断の恋は誰にもバレてはいけない。そんな中、学校一の美少女である希衣先輩に千晴が告白される!もちろんちまりと付き合っている千晴は希衣先輩の告白を断るのだが、ちまりとの関係を疑われてしまう。果たして千晴とちまりは禁断の恋をバレずに隠し通すことができるのか…とこんな感じです!〜中学二年生の妹を恋人にしたら⁉︎〜保住圭さんの新作!個人的には「芽亜さん、こっち向いてよ」以来の保住さんの作品ですね。妹との禁断の愛⁉︎というちょっと重めのテーマながら基本コメディ路線で千晴とちまりのイチャイチャも楽しく読ませていただきました!面白かったです!まず序盤。千晴とちまりがお互いに兄妹でありながら特別な感情を抱いており付き合うまでの過程が描かれます。なるほど…禁断の愛…これは禁断の愛ですよ…そして始まるちまりとのラブコメ!中二のめちゃかわいい妹のちまりとのイチャイチャには全日本妹ヒロインはやっぱり中二で控えめな体型だろ協会特別顧問の僕もにっこり。ちまりちゃんの遠慮のないスキンシップに全力で答えに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました