『新しい世界 世界の賢人16人が語る未来』クーリエ・ジャポン

ビジネス書の書評と感想
世界の賢人16人が語る未来ということで、ユヴァル・ノア・ハラリ氏やジャレド・ダイアモンド氏、ナシーム・ニコラス・タレブ氏などが、これからの世界について語っています。
『新しい世界 世界の賢人16人が語る未来』クーリエ・ジャポン
『新しい世界 世界の賢人16人が語る未来』のここに注目・言葉・名言
民主主義
気候変動とアイデンティティ
グローバル・アイデンティティの構築
思ったこと
あわせて読みたい


『新しい世界 世界の賢人16人が語る未来』クーリエ・ジャポン
おすすめ度
おすすめしたい方
今日の読書「ビジネス書をチカラに!」


『新しい世界 世界の賢人16人が語る未来』クーリエ・ジャポン

新しい世界 世界の賢人16人が語る未来 (講談社現代新書)
講談社

Amazon
楽天


『新しい世界 世界の賢人16人が語る未来』の目次
第一章 コロナと文明ユヴァル・ノア・ハラリ「私たちが直面する危機」エマニュエル・トッド「パンデミックがさらす社会のリスク」ジャレド・ダイアモンド「危機を乗り越えられる国、乗り越えられない国」フランシス・フクヤマ「ポピュリズムと『歴史の終わり』」
第二章 不透明な世界経済の羅針盤ジョゼフ・スティグリッツ「コロナ後の世界経済」ナシーム・ニコラス・タレブ「『反脆

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました