『いかなる時代環境でも利益を出す仕組み』大山健太郎

ビジネス書の書評と感想
アイリスオーヤマ会長の大山健太郎が、利益を出す仕組み作りについて書かれています。
どのように考えて、利益を出す仕組みを作っているかということがわかります。
『いかなる時代環境でも利益を出す仕組み』大山健太郎
『いかなる時代環境でも利益を出す仕組み』のここに注目・言葉・名言
長期視点に立った事業構想と仕組みの確立・改善
ユーザーイン
ユーザーインの思想
取り入れたいと思ったこと
あわせて読みたい


『いかなる時代環境でも利益を出す仕組み』大山健太郎
おすすめ度
おすすめしたい方
今日の読書「ビジネス書をチカラに!」


『いかなる時代環境でも利益を出す仕組み』大山健太郎

いかなる時代環境でも利益を出す仕組み
作者:大山健太郎
日経BP

Amazon
楽天


『いかなる時代環境でも利益を出す仕組み』の目次
序章 効率偏重経営の終わりCHOICE 1 「環境変化に対応する」か「環境を自ら変革する」か
1章 製品開発力 売れる製品を最速で大量に生む仕組みCHOICE 2 フォーカスするのは「買う人」か「使う人」かCHOICE 3 KPIの目的は「業績向上」か「新陳代謝」かCHOICE 4 開発は「リレー型」か「伴走型」か
2章 市場創造力 流通を主導し、顧客と結びつく仕組みCHOICE

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました