『言葉たちに 戦後詩私史』(港の人) – 著者: 平林 敏彦 – 堀江 敏幸による書評

書評総合

『言葉たちに 戦後詩私史』(港の人)著者:平林 敏彦
Amazon |
honto |
その他の書店
長い沈黙が熟成させた詩の言葉
詩は、書き手のなかにずっと抱えていられる臓器のようなものだろうか。詩人は言葉を吐き出すのではなく、ここしかない機会を捕まえてそれを摘出する。本書を読んで、そんなことを思った。平林敏彦は一九二四年生まれ。戦中、十代の頃に詩作をはじめ、敗戦後、四六年に同人誌「新詩派」を創刊する。これが終刊すると、「詩行動」、「今日」と立て続けに重要な詩誌を立ち上げ、五六年創刊の第一次「ユリイカ」の編集に携わった。その間、五一年に『廃墟』、五四年に『種子と破片』と二冊の詩集を刊行し、とくに後者で高い評価を得ている。しかしこの第二詩集のあと、詩人は長い沈黙に入った。文学の歴史のなかでは、詩を捨てた詩人、長期にわたる活動停止を経て復活した詩人たちが、ある種の憧憬(しょうけい)をもって語られる。詩作を止めるのはたやすい。ただ、それが強い決断に満ちた停止であっても、再始動が訪れなければ忘れられた詩人の枠に組み込まれてしまう。詩を封印した理由は「手短かに答えるのはむずかしい」。誘いはあったが、過去の自作を超えられるかどうか不安もあったという。再び詩の世界に戻ってきたのは八八年。本書には「新詩派」に寄せた文章から二〇一九年までの散文が収められているが、再起の経緯は幾度か語られている。後押ししたのは、二人の詩人による、時を隔てた文学的リレーだった。一人は長田弘。六七年に刊行した評論集の冒頭に平林の第二詩集の詩句を引用しながら実名で呼びかけ、「なぜ詩を書かないのか」と敬愛に満ちた詰

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました