1973年のピンボール by 村上春樹 〜 若さの消失をテーマにした村上春樹ワールドの胎動を感じさせる作品

書評総合
村上春樹さんの小説「1973年のピンボール」を読み返したのでご紹介します。





1973年のピンボール (講談社文庫)

created by Rinker

¥550
(2021/10/15 10:11:20時点 Amazon調べ-詳細)




Kindle

Amazon

楽天市場

Yahooショッピング




こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。
当ブログでは、皆さんが人生をより自由に、より美しく、より楽しく生きるための情報やメッセージをシェアしています。
心を豊かにする読書をし、読んだ本を紹介することも、このブログのメインコンテンツの一つ。
今回は村上春樹さんの初期四部作の第二作目にあたる「1973年のピンボール」をご紹介します。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

初期四部作の二作目
村上春樹さんの初期四部作は、「風の歌を聴け」「1973年のピン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました